アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「写真」のブログ記事

みんなの「写真」ブログ


6.6 金星の太陽面通過。

2012/06/08 00:07
6月6日にあった金星の太陽面通過だが、関東では台風の影響もあり、開始予定時間の午前7時10分頃、空は厚い雲に覆われ、おまけに雨も降っていたので、残念ながら観測を諦めたという人も多いと思う。

諦めきれずに待っていたところ、11時過ぎには雨も止み、次第に空も明るくなってきた。
そこで一縷の望みに賭け、撮影にチャレンジしてみることに。機材については、先日の金環日食の時のモノがそのまま活用できる。



雨が上がってから大急ぎで機材を準備し、雲の切れ間のチャンスを伺っていたところ、奇跡的に観ることができた。写真はそのうちの1枚であるが、常に薄雲がかかった状態であったため、フィルターはND400を1枚だけで撮影している。
12時以降からは空が厚い雲に覆われて小雨も降りだし、結局、終了の13時37分頃まで太陽を見ることはできなかった。(その何時間後に晴れて、日没頃には夕焼けだったりするのが憎たらしいが)




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5.21 金環日食を見た!撮った!

2012/05/22 07:35
当日にtwitterなどでは公開していたが、5月21日の金環日食について。

デジタル一眼での撮影



撮影機材については、前回の記事ですでに紹介しているが、実際の観測場面。撮影は常にライブビュー(液晶画面)で確認の上、行った。

前日の天気予報は曇りで、当日6時の時点では、東の空の方向は常に雲に覆われていた。実際に欠けた太陽が観られたのは、食の開始から10分程度経過してからだった。
今回、太陽撮影用に減光するNDフィルターをND400の2枚重ねにしたのも結果的に功を奏したと思う。他にND8とND16も持っていったので、それらを組み合わせ、雲に隠れた場合や金環時などに適宜濃さを調整することができた。(ND400、ND400+ND8(400x8=3200)、ND400+ND16(400x16=6400)、ND400x2(400x400=160000)の4段階) もし、この状況で専用のND100000などしか持っていなかったら、撮影は難しかっただろうと思う。





コンデジでの連続撮影

前回紹介したように、コンデジ(ニコンCOOLPIX S10)での間欠撮影にも挑戦してみた。



カメラは三脚を使って縦位置で真東の方向に向けて設置した。
撮影間隔を5分に設定し、連続撮影を行った。始めのうちは太陽が雲に覆われていたためフィルターを付けていないが、太陽が視認できるようになってからは、「太陽が見える下敷」(日本パール加工製)をカットした簡易フィルターをレンズ前に設置した。(前回記事参照)
撮影条件はISO感度を50に固定し、露出補正-2.0とした。日食の始まりから終わりまでが一画面におさまることを想定してレンズは広角側(35mm換算で38mm)にしている。(手ブレ補正はOFF)



連続写真を合成してみた。合成には「SiriusComp」という専用のフリーウェアを使用。これを用いれば、高価な画像処理ソフトや専門知識が無くても、連続した画像ファイルを指定するだけで簡単に合成画像が作成できる。
こちらの連続撮影はほぼ、ぶっつけ本番だったのだが、ここまで良く撮れるとは想像していなかった。金環状態の前後もバッチリだ。ところどころ太陽が写っていないのは、その時点で雲に隠れていたため。

もし銀塩(フィルム)カメラだったら、多重露光という方法を使わなければできないような写真だが、デジタルカメラならばこんなに簡単に実現できる。いい時代になったものだと思う。(一応、銀塩一眼レフカメラも所有しているので、まったく不可能ではないのだが)

金環までの部分を等倍でトリミングして、拡大してみた。
中央少し上にある白い点は星ではなく、CCDのエラーによるドット欠けだと思われる。



また、今回の日食観測を行うに当たって、「つるちゃんの日食ソフト」というフリーウェアがなかなか役に立った。観測地点の緯度や経度がわかれば、その地点での日食の見え方や食分などが計算できる。また、今後の日食で日本で観られるものについて、部分日食(2016年3月、2019年は1月と12月の2回、2020年6月)、2030年6月北海道での金環日食、2035年9月本州中央での皆既日食なども計算できた。とりあえず生きているうちにもう一度くらいは観たいものだ。

次回は6月6日、今回の機材を使って金星の太陽面通過が観測できるはず。晴れることを祈りたい。



太陽観測双眼鏡 SAFARI 10X25FT
サイトロンジャパン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 太陽観測双眼鏡 SAFARI 10X25FT の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5.21の金環日食に向けて

2012/05/14 18:04
2012年5月21日まであと一週間を切り、世間もいろいろ騒がしくなりつつあるようだが、日本の多くの地域で見られるであろう、金環日食の話題。
筆者も昨年末頃から色々と情報を集め、観測と撮影に必要な機材等を色々と揃えてきた。

観測に必要なモノと言えば、いわゆる日食メガネだ。



ケンコー光学の一般的に売られているモノをメインに、星ナビ5月号増刊の付録シートをサブ的扱いで使うことにする。

一眼カメラでの撮影

まず、カメラでの日食撮影には必須なのが、減光のためのNDフィルターだ。
太陽撮影用にND10000やND100000などの専用品も出ているのだが、ここは汎用性とコストパフォーマンスを考えて、後々有効活用もできるよう、ND400(¥3000〜4000くらい)の2枚重ね(400x400=160000)で行くことにした。手持ちのズームレンズのフィルター径(55mm)と同サイズのものも多数市販されているので、変換アダプター等の必要がないのも便利。



一眼カメラでの太陽の撮影には、通常の望遠レンズ(いわゆるキットズーム)のままでも十分なのだが、さらに大きな画像を得ようとするならば、さらに倍率の高い(=焦点距離の長い)レンズが必要となる。



レンズに接続して、焦点距離を光学的に倍増するのが、テレコンバーターだ。(間にかますだけなので、画質が上がるわけではないし、絞り値も倍になってしまう)ケンコー製テレプラス2xが中古で安く(¥3000くらい)手に入ったので、それを使う。これで手持ちのレンズが300mm×2で実質600mmとなる。



カメラ(ソニーα)に付けてみた状態。ズームレンズ(タムロン100-300mm)を伸ばしているだけでも長いのだが、さらに長くなる。もちろん、実際は三脚に設置した状態で撮影を行う。



撮影中にシャッターボタンを押すことでカメラ本体が振動し、ブレが発生してしまう。そこで撮影に便利なレリーズ(リモートコード)もミノルタ製を中古で購入。ソニーのαでも引き続き同じモノ(ソニー製も全く同じものが現行で発売中だったりする)が使えるので便利。実のところレリーズはなくても、カメラ本体の2秒セルフタイマーがあれば何とかなると思うが、金環状態は5分程度しかないので、シャッターチャンスを活かすにはあった方がいいと思う。



予行演習として、実際に太陽を撮影してみた。トリミングをしないと、このくらいの大きさ。撮影はマニュアルモードで、ピント合わせも手動で行った。(ピントが合ったところで、レンズのピントリングをテープなどで固定しておくと良い)



トリミングしてシャープネスを掛けるとこうなる。元のレンズの性能があまり良くないので周縁のぼんやり感は否めないが、一応黒点も確認できる。この機材で、6月6日の金星の太陽面通過も観測できそうだ。

コンデジでの撮影

フィルターねじのない、コンパクトデジタルカメラ(いわゆるコンデジ)での日食撮影には、NDフィルターを付けることが難しい。ここではその方法について行ってみた。



ここで使うのは、100円ショップで最近売られている「太陽が見える下敷」(105円)だ。(株)日本パール加工製で、太陽観測が終わっても下敷きとして使えるので、「無用の長物」とはならないのが特徴。実は「星ナビ」付録のシートと同一メーカーの製品だったりする。(サイズも100均の方が大きい)これを、コンデジのレンズ部分より一回り大きいくらいの大きさにカットする。普通のカッターナイフで2、3回傷を付けると、パキッと割れるので切り取るのも簡単。角の部分はケガをしないようにハサミで切り落とした。

(参考)
(株)日本パール加工「太陽が見える下敷き」の安全性について
アストロアーツ製「日食観察プレート」の安全性について



デジカメのレンズ周りに両面テープでフィルターを固定して、完成。



カメラのISOを50に固定し、デジタルズームも活用して撮影してみた。右下に見える白い点は、CCDの欠陥によるエラーだと思われる。(通常の撮影では補正がかかるようで、現れないのだが)
このデジカメ(ニコンCOOLPIX S10)では、時間間隔を決めてインターバル撮影が可能なので、引きの画での連続撮影をしてみようと思う。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マルミ 太陽撮影用 NDフィルター DHG ND-100000 77mm の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


情熱大陸「写真家・梅佳代」

2007/01/15 23:14
1月14日放送の「情熱大陸」(TBS・MBS系)は新進の女性写真家・梅佳代をフィーチャー。
その梅佳代曰く、“夢に出てきてから撮りたくなった”という、優香が出演した。

写真雑誌「PHaT PHOTO」の「2007年、写真家の夢を叶える」という企画で、優香のグラビア撮影が実現。
「ピースサインで笑う優香の後ろに、昼寝をしている作業服姿のオジサンが偶然映り込んでいる」など、ただのグラビアではない、「梅佳代ワールド」を感じることの出来る作品となっている。

優香は2000年12月に“グラビアアイドル・優香”として同番組に出演している。
奇しくも、同じ“被写体として”2度目の出演を果たした形だ。

(関連リンク)


うめめ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「写真」ブログ

三河屋の開店休業中。 写真のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる