三河屋の開店休業中。

アクセスカウンタ

zoom RSS 100円ショップで最近買った“ヒカリモノ”(その9)

<<   作成日時 : 2011/11/20 18:38   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

前回投稿から5ヶ月ほど経ってしまったが、ヒマネタ恒例、100円ショップの商品ネタ。
(なぜかガンダムネタも一部混入しています)


これも「ランチャーライト」のバリエーションか、「3灯LED アルミニウムライト」((株)スルガ製)通称「スルガランチャー」と勝手に命名することに。


同タイプのものと比較してみた。中央がスルガで、左がランチャーライト、右がランチャー9。スルガは無塗装のためか光沢感があるのが特徴。電流制限用の抵抗はないと思われる。


左がグリーンオーナメントの新製品「ハンディ3」。右がランチャーライトタイプの新製品「(明るい)6LEDライト」((株)トレードワン製)。通称「6LEDランチャー」「カラビナランチャー」とでも命名すべきか。


「ハンディ3」はプラスチック版のランチャーライトタイプの懐中電灯と言いたいところだが、実際は二まわりも大きい。「6LEDライト」は「携帯に便利なカラビナ付き」で「生活防水仕様」とのこと。Oリングは付いていないので、どこまで防水できるのか正直疑問だ。(非防水の他のランチャータイプには、Oリング付きのものもある)


「ハンディ3」を分解してみた。電池ボックスのフタがネジ止めする仕様になっているので、電池交換は面倒。LEDは通常の砲弾タイプだが、リフレクターで集光させるようになっている。電流制限用の抵抗も付いていた。


グリーンオーナメントの新製品「キャンドルマジック」。LEDキャンドルライトに息を吹きかけるとオン・オフするギミックを追加したもの。点灯時は通常のキャンドルライトと同様、ろうそくのように不規則にLED(黄色)が点滅する。


電源としてボタン電池(LR44)を3個使用。分解してみると、中にコンデンサーマイクが入っていた。パッケージには『わずかな振動を感知するセンサー』と書かれているが、実際はマイクなので(息を吹きかけるという)「音」にしか反応しない。持って振り回してみても反応なしだ。(音も振動ではあるのだが)


キャン・ドゥで売られていたのが「3LEDセーフティライト」通学カバンやペットの首輪などにぶら下げるタイプのライトで、パッと見は反射板そのものだ。


フック部分の付け根にあるスイッチを押すことで、点滅(2パターン)と点灯、消灯と切り替わる。分解してみると、中のLEDはなんと白色LEDだった。(より安価な赤色で十分なのに、100円といえ贅沢な仕様?)電池はこれまた贅沢にも3Vのリチウム電池(CR1220)を2個使用しているので、赤色LEDに換えれば、電池1個でも作動するはずだ。(後日見に行ったら、バリエーションとして反射板が白(透明)や黄色のものも存在することがわかった。そのための白色LEDだったようだ)中の回路基板はかなり小さいので、他のライト等に組み込んで、点滅化の改造にも使えそうだ。

(おまけ)

ドン・キホーテで特価¥300で売られていた、「サイクリングライト」。取り外して手回しハンドルで充電するタイプの3LEDライトだ。(震災需要もあってか、当初は1000円前後で売られていたものだったらしい)点灯パターンは中央1灯が点灯、3灯点灯、3灯点滅の3モードで、スイッチを押すことで切り替わる。


分解してみた。中の充電池はニッケル水素電池で、「3.6V 80mAh」と書かれている。

100均で手に入るポケット三脚


デジカメでの写真撮影の際、カメラを固定したいときに役立つのがポケット三脚だが、最近は100円ショップでも数種が売られている。だいたいが元々は有名メーカーで作られていた製品(価格は1000円前後)のデッドコピーのようなものだと思われる。(ポケット三脚については、こちらのサイトなどが詳しい→ポケット三脚レビューポケット三脚対決


右と中央が100円ショップで売られているポケット三脚。左は10年ほど前に1000円くらいで購入したLPL製の「TOREMI POD」という製品。見た目は似ているのだが、重さが全然違う。100円製品は圧倒的に「軽い」のが特徴で、メーカー製品は雲台部分が金属製なのに対して、100円製品はネジや足を除いた部分のほとんどがプラスチック製だ。緊急時に簡易三脚として使うには100円製品で必要十分だが、軽いので風や振動に弱いことも考慮しておかないといけないだろう。

連邦軍仕様?デジカメポーチ


これもドン・キホーテで特価¥500で売られていた、Nintendo DSi用ポーチ「スマートポーチG」。迷彩柄だし、連邦軍だしで何か使えそうなのでとりあえず購入。


最近はあまり使っていなかった(ちょっと大きめの)コンパクトデジカメのケースとしてピッタリだった。純正ケース以外にちょうどいい大きさのケースがあまりなかったので、また有効に使えそうだ。ポーチは二重構造になっているので、上の部分に予備バッテリーやSDカード、ストラップなどを収納できる。(Nintendo DSのタグは切ってしまった)

AE社員仕様?文房具


機動戦士ガンダムUC」オリジナルグッズの一つ、ボールペン。イベント上映中の劇場で購入(600円)。劇中に登場する架空の企業「アナハイム・エレクトロニクス」のロゴが入っているのがポイント。ボールペン自体はノベルティなどで配られるようなごく普通のボールペンで、0G(無重力)下で使えるスペース・ペンではないので(地球やコロニーなどの)重力下でしか使えないとのこと。(月の6分の1重力下で使えるかどうかは不明)


「アナハイム・エレクトロニクス」メモ帳(サンスター文具製)とあわせて使うと、キミもAE社の社員気分?(新旧ロゴが混在しているが)



機動戦士ガンダムUC [Mobile Suit Gundam UC] 4 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2011-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダムUC [Mobile Suit Gundam UC] 4 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
100円ショップで最近買った“ヒカリモノ”(その9) 三河屋の開店休業中。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる